団藤保晴の
「インターネットで読み解く!」

特集「60回までの読者お気に入り投票」 (99/01/10)

 皆さんにご参加をお願いしていた、連載60回でのお気に入り投票の結果を集計しました。ベスト10は次のようになりました。

    《60回までの読者投票によるベスト10》

  第59回 未来エネルギー核融合の挫折
  第60回 リテラシー教育の発見と行方
  第58回 超長寿時代に介護保険は効くか
  第53回 明治維新(上)志士達の夢と官僚国家
  第54回 明治維新(下)循環社会から膨張社会へ
  第35回 年金制度の疲労に見る社会の衰え
  第55回 ダイオキシンの人体汚染を考える
  第25回 インターネット検索とこのコラム
  第21回 コメ作りの破局を見ないために
  第 6回 文書の電子化から電子図書館へ


 「59核融合 とても分かり易かったです」(Shirotaさん)、「59核融合 41英語力 その他,いずれも時宜に叶ったテーマです」(Miyazakiさん)といった意見が、トップになった「未来エネルギー核融合の挫折」を端的に表現しています。ほとんどの種類の核融合実験装置を取材した経験があるので、自分で文献を集めて解説を書く自信はありますが、ネット上でこんなにも豊富に資料が見つかるとは当初は思っていませんでした。その意味では、私の取材システム自体がインターネット上でタイムリーなものになってきているのでしょう。

 「『1生涯独身時代』を読み愕然、以来全てが血となり肉となっております。EpsonPM2000Cにて毎回裏表印刷、10回分毎にまとめ、A4ファイルも早や6冊が出来上がりました」とメールを寄せていただいた畑さんをはじめ、すべての回を読まれていらっしゃる方が相当ありそうです。その一方で最近、読者になられた方は、当然ながら読まれている回への投票されていると思います。それを勘案しても、このリストは書き手として、いろいろ考えることが出来て、とてもありがたいものです。一口で言えば、時代への懸念が色濃く現れていると思います。

 「実は小生はVoyager Japan Inc.のT-Timeというアプリを通して読んでおります。こうすると縦書きでも良いし、文字の大きさも任意に変えられるのでとても便利です。また毎回ファイルしておけば簡単に検索が可能です。『第6回 文書の電子化から電子図書館へ』と『第25回 インターネット検索とこのコラム』を自分なりに応用しています」と書かれた金子さんのように、ネット上の情報の問題について、関心が高い方が多数であることがよく分かりました。金子さんのように縦書きで読まれるのもいいと思います。少なくとも、フォントは明朝体にしていただいたらと、かねがね思っていました。ゴシック体に比べて、読む印象がしっとりしてきます。ブラウザ等のオプション設定を変えるだけで可能です。

 「1位 空前の生涯独身時代、2位 明治維新(上)志士達の夢と官僚国家、3位 明治維新(下)循環社会から膨張社会へ・・・」と、ご自分での順位付けをお送りいただいた辻さん。明治維新の上・下回に支持が多かったことも嬉しい点でした。独立した機会に新しいことを試みたかったと裏腹に、当時は新たな読者の獲得が思い通りにいかなくて、評判が良くないのかとも考えたものです。「生涯独身時代は年金・介護保険・医療費あるいは官僚国家とも絡んで深く考えさせられました。あと、メディア・核融合、動燃事故や官官接待は現在の体制の古い面が如実に表れ、自分なりにいろいろ思うところがあります」と、書かれているyamazakiさん指摘のとおり、各回ごとに読み切りでもかまいませんが、それぞれの内的な関連は書き手として、いつも意識していますし、ニュアンスを盛っています。

 第39回「ロボットが人と持ちつつある関係」について浜田さんからこんなコメントをいただきました。「読み終えてしばらくしてから、記憶に残っていた最後の文章の重みと怖さを感じるようになりました。その点で、最も印象に残る回のひとつといえます」
「不気味なことに、特段の理由もなく中学生が女性教師をナイフでめった刺しにするなど、人間側がロボットに対して優越を誇っていた境界線を引き下げつつある。ロボットがしたのなら、原因をプログラミングのミスと呼ぶが。」
 書き手として、これも励みになるエールでした。

 60回目からの読者、日沖さんからは「読ませていただいて、改めてリテラシーについて考えました。実社会ではPCを使える人と使えない人がそれほど差を感じることなく共存していますが、今後急速にネットワーク社会が進むとその差は広がるばかりだと思います。やはり、教育という形で何とかしないと手遅れになるんだと痛感しました」という声。Beautiful Dreamerさんからは「もっと現在の腐った日本の政治体制、社会体制を暴くような記事を。世界でもっとも遅れている最後進国、経済という見せかけの金だけ膨れ上がり、もっとも大切な物を忘れてきたこの国に対する批判を」という、ご注文でした。

 「インターネットは情報の宝庫ですが、その反面、価値のある情報もそうでない情報も同じ土俵に載ってしまっている、という側面があるとおもいます。その点、団藤さんのこのマガジンは、基本的なトピックの説明に加え、有益なネット上の情報を体系立てて紹介してくださり、みごとだと感じています。情報の扱い方をこれからも参考にさせていただきたいと思います」(野崎さん)。あるいは「他のメルマガでも、『作者の考えをまとめて提示されるタイプ』のものは読みやすいのですが、自分(読み手)に知識の無いうちに目の前にかざされると深く考えずに同調してしまいそうで怖い気もします。その点『インターネットで読み解く!』は本文内で資料の出典に対してリンクが張られていて、参照しながら読み進められます。ただ、リンク先を辿ってあちこち飛んでるうちに糸の切れたタコになってしまうこともありますが...」(yamazakiさん)のコメントを、このコラム利用の代表的な意見として紹介させていただきます。

 昨年暮れ、Yahoo! Japanの「今日のオススメ」で「コラムを書きたい」と題して、この連載が紹介されました。コメントを引用させていただくと、「インターネット上の知的資源をうまく収集すれば、データに裏打ちされたコラムや報告書を書くことができるという見本がここにある。作者は新聞記者なのだが、ネット上に与えられた情報は皆に平等だ。あとはあなたの情報収集手腕と、ものの見方次第」。私が目指していることは、インターネットが何に、どう使えるのかとのイメージを豊かにすることです。一昨年、週刊ASCIIの取材を受けた際には、「インターネットで読み解く!」の手法を真似する書き手が次々に現れるのでないかと言われました。本当にそうなって欲しいものです。

 投票の集計結果詳細は以下の通りです。

                 40回達成時の投票↓ 今回の投票
第60回 リテラシー教育の発見と行方    (11/12) -- ***********
第59回 未来エネルギー核融合の挫折    (10/29) -- *************
第58回 超長寿時代に介護保険は効くか   (09/24) -- ***********
第57回 毒のサイエンスと犯罪心理     (09/10) -- ******
第56回 お酒の消費に起きている地殻変動  (08/27) -- ****
第55回 ダイオキシンの人体汚染を考える  (08/06) -- ********
第54回 明治維新(下)循環社会から膨張社会へ(07/23) -- *********
第53回 明治維新(上)志士達の夢と官僚国家 (07/09) -- ***********
第52回 ふさわしい都市景観を持つために  (06/11) -- *******
第51回 コンビニの元気に見る物流変革   (06/04) -- ****
第50回 読者交流〜臓器移植法・心と食   (05/21) -- *****
第49回 性差の科学と環境ホルモン     (05/07) -- *******
第48回 残したい森林資源どう守る     (04/30) -- ******
第47回 超音波の多能・多彩と神秘さ    (04/23) -- ******
第46回 読者交流〜荒れ・読み込み・軍隊  (04/16) -- *******
第45回 糖尿病・明日に見えている脅威   (04/02) -- *****
第44回 子供たちの新しい『荒れ』     (03/26) -- ****
第43回 宇宙開発と『地球号』の乗員たち  (03/19) -- ******
第42回 読者アンケート特集と安保再論   (03/12) -- ****
第41回 英語力と受験英語を考える     (03/05) -- *******
第40回 安全保障とは国の生き方そのもの  (02/26) 18 ******
第39回 ロボットが人と持ちつつある関係  (02/19) 14 *****
第38回 脳の研究を睡眠分野から垣間見る  (02/12) 14 ******
第37回 ベンチャー再生の日を求めて    (02/05) 8 *****
第36回 日本人大リーガーへの科学的頌歌  (01/29) 8
第35回 年金制度の疲労に見る社会の衰え  (01/22) 10 *********
第34回 『アジアの時代』は潰えたのか   (01/08) 12 ****
第33回 宗教者が直面している死そして生  (12/25) 5 *****
第32回 冷凍冷蔵庫に起きている事件    (12/18) 5 **
第31回 子供の体力低下から五輪を眺める  (12/11) 10 *****
第30回 政治・選挙制度改革が変えたもの  (12/04) 3 *******
第29回 過労死と働くことの意味      (11/27) 15 *******
第28回 養殖漁業に吹く世界化の風     (11/20) 3 ***
第27回 酸性雨問題に期限が切られた    (11/13) 9 ******
第26回 移動電話は規制緩和の鏡      (11/06) 10 *****
第25回 インターネット検索とこのコラム  (10/30) 22 ********
第24回 高速増殖炉の旗は降ろすべくして  (10/23) 9 *******
第23回 たばこをめぐる日米の落差     (10/16) 14 ****
第22回 太陽を友に暮らそう        (10/09) 11 *****
第21回 コメ作りの破局を見ないために   (09/25) 7 ********
第20回 ダイオキシン過小評価のつけ    (09/18) 15 ******
第19回 日本映画は窮地を脱したか     (09/11) 6 ***
第18回 電池の革新が引っ張る先      (09/04) 8 ****
第17回 種子・修飾された遺伝子世界    (08/28) 8 ***
第16回 恐竜の夢が地に足をつける時    (08/21) 4 ***
第15回 医療費をめぐる攻防が本格化した  (08/14) 6 ******
第14回 肥満と食欲の仕掛け        (08/07) 6 ***
第13回 大学改革は成功するか       (07/31) 8 ******
第12回 VTR・技術立国の栄光その後     (07/24) 7 ***
第11回 地震列島の西から東を見る     (07/17) 6 ****
第10回 麺・グローバルから極私まで    (07/10) 5 **
第 9回 2つの動燃事故に見る目標喪失   (07/03) 4 *******
第 8回 臓器移植法と脳死・移植の行方   (06/26) 7 ******
第 7回 縄文の人々と日本人の起源     (06/19) 8 ***
第 6回 文書の電子化から電子図書館へ   (06/12) 10 ********
第 5回 官官接待と食糧費         (06/05) 14 *****
第 4回 紙資源・千倍の落差        (05/29) 6 *****
第 3回 ビール戦争・地ビール・自ビール  (05/22) 7 *****
第 2回 100校プロジェクトと教育現場    (05/15) 9 **
第 1回 空前の生涯独身時代        (05/08) 12 *******



【INDEXへ】

無料メールマガジンとして配信中。登録される方はこちらへ
【リンクはご自由ですが、記事内容の無断での転載はご遠慮下さい】

※ご意見、ご感想や要望はメールフォームで