食・健康教育・社会政治・経済人口・歴史 Blog vs. Media 時評
文化スポーツ環境・資源科学・技術医学・医療 ウェブ通

特集「2017京のサクラ 枝垂れ紅白と疎水で」 (2017/04/13)

【スマートフォン版はこちら】

 今年の関西はサクラ満開になっても悪い天気が続いていました。12日は午後から日差しがあると知って、良い発色のサクラを見たいと京都に行ってきました。コースは山科駅から歩いて毘沙門堂の枝垂れ桜と菜の花も咲いている山科疏水、地下鉄で北上、洛東・平安神宮の神苑に200本余りある紅枝垂れ桜、直ぐ近くの岡崎疎水です。やはり太陽があると花の輝きが違います。

 横幅「700」で表示していますが、オリジナルは「3264」あり、ダウンロードされればパソコンの全画面表示(F11キー)で細かなサクラの表情が見て取れます。

 毘沙門堂の枝垂れ桜です。遠景から寄っていきます。ちょうど日が照って来ました。





左が毘沙門堂の枝垂れ桜アップ     右が平安神宮紅枝垂れのアップ



 平安神宮の神苑に立ち並ぶ紅枝垂れ。ますます日差しが強まります。






 岡崎疎水のサクラは日光に映えて輝く白です。






 山科疏水では黄色い菜の花との競艶が有名です。




 ☆★2015年と2016年にも桜を撮りました。

特集「2016京都のサクラ点描」
特集「サクラ点描2015 彦根・大阪」





【リンクはご自由ですが、記事内容の無断での転載はご遠慮下さい】
※ご意見、ご感想や要望はメールフォームで。

【INDEXへ】
無料メールマガジン登録受付中