食・健康教育・社会政治・経済人口・歴史 Blog vs. Media 時評
文化スポーツ環境・資源科学・技術医学・医療 ウェブ通

地球上の風の流れをリアルタイムに流線表示 [BM時評] (2013/12/28)

(「BM時評」に同文掲載。コメントなどはそちらに)

 年の瀬、忙しい中ですが、一見に値する面白ツールを発見しました。地球上で吹いている風の流れをリアルタイムに流線表示してくれるマップです。最近、東京版から世界版にスケールアップした「earth wind map」です。これは見飽きません。日本付近を切り出した瞬間を以下に引用します。


 午後5時、北海道の北東にある強い低気圧による巨大な渦がある一方、本州から沖縄まで大陸から吹き出す風に吹き洗われています。シベリアから届く日本海側、中国北部から朝鮮半島越えに届く風も表現されています。この時間、中国北部では例の大気汚染、重篤スモッグは薄れていますが、1年間、話題になり続けた微粒子PM2.5がこうやって流れてくるのだと納得です。(『西日本各地でPM2.5による重汚染の異常事態 [BM時評]』

 「earth wind map」についての使用データなど自己説明は《地球 世界中の気象状況がビジュアライズ〜スーパーコンピュータが予報〜3時間ごとの更新》にあります。作者のCameron Beccario氏の話は《風の動きを可視化する「Tokyo Wind Map」がバージョンアップ、世界版「Earth」が公開》で読めます。「以前見た US Wind Map が素晴らしかったので、それに習って、JavaScript を学ぶかたわら、東京版が作れると思ったのです。東京版が完成すると、次は世界版を作りたいと思うのは自然な流れでした。世界版はこれまでに見たことがありませんが、地球上の空気の流れを見る上で便利だと考えたのです」。これは風のイメージを伝えるためのもので精密な情報ではありません。

【2014/8/2追補】体感温度などの画面が追加されました。『どうして猛暑、仕掛けがリアルタイムで見える』を参照してください。

このエントリーを含むはてなブックマーク   ※関係の分野別入り口・・・《環境・資源》 《科学・技術》


【リンクはご自由ですが、記事内容の無断での転載はご遠慮下さい】
※ご意見、ご感想や要望はメールフォームで。

【INDEXへ】
無料メールマガジン登録受付中